ネイル資格とネイルスクールの選び方

ネイルケアやネイルアートに興味を持つ人が増えています。

近年では、ネイルサロンが増加しているので、リーズナブルで出来たり、予約なしですぐにできるようなサロンもあります。

また美容院でヘアカットからネイルケアまで一遍にできるお店もあるので、その人にあったネイルサロンを選ぶことが出来ます。

しかし、中には自分でネイルをやってみたい、ネイルサロンをオープンさせたい人もいます。

ネイリストになるにはいくつかの方法があります。

まず、専門スクールに通い知識を学んだり技術を磨くことができます。

全国には沢山のネイルスクールがあるので自分にあったスクールで学ぶことが出来ます。

他の方法として、ネイル資格通信教育があります。

通信教育の場合、通う手間が省け、自分のペースで勉強することが出来ることが魅力です。

また、専門スクールよりも費用が安く済むので、経済的負担を軽くすることができます。

いずれにせよ、まずは体験教室などに参加して、自分に合っているかを確認してから決めることもできます。

ネイルの資格を取得することで、自信につながったり、就職に有利になったり、ネイルの技術の信用性が高まるものです。

将来、自分のネイルサロンをオープンさせることが夢だと考えている人もいるものです。

ネイルスクールでは、開業までを支援する体制を整えているところも多くあります。

集客方法や経営ノウハウを学ぶことが出来るのは魅力的です。

ネイルが上手になりたい人から、ネイルサロンを経営したいと考える人まで、自分にあったスクールを選ぶことが大切です。

通信講座

妊娠中以前勤めていた会社を辞めて、自宅で過ごす日々が続いていた時に妊娠中の時間を有効活用して出産後も自宅で出来る様な仕事を探しておりネイルの資格を取る事に決めました。

WEBで色々な口コミサイトを見た所、ネイルの資格はスクールに通って取る方法が1番良いと言う事が分かったのですが、通学制のスクールは授業料が高い所が多く、妊娠中と言う事もありまずは3級を習得する為に自宅学習をメインに学習できる通信の講座を選びました。

価格は通学性のスクールと比べて5分の1程度の料金で済みました。

申し込みを完了させるとすぐにネイルの検定を受ける為の道具一式と、手順などを示すDVD、学科試験対策の問題集などが送られて来ました。

学習方法は教科書とDVDを見ながらひたすらケアの仕方やマニキュアの塗り方をマネして、ネイルチップなどを使って練習しました。

通信講座と言っても分からない点があった場合、講師の方に直接電話で質問や相談が出来るサービスがついていたので、分からない事がある度に何度も利用しました。

試験間近には友人や旦那にも練習台になってもらったり、試験対策用の講座なども1度受講しました。

試験当日はとても緊張しましたが、日々の練習の成果もあり見事に合格する事ができました。

3級はクリアできましたが、2級、1級を習得するとなるとやはり通学性のスクールに通った方が技術が身に付くと言った点や、資格習得後の仕事の斡旋などもしてもらえる点で今は通学性のスクールに入って2級習得に向けて勉強中です。

ネイル資格についての概要と取得方法

現在では、美容に関する関心がとても高まっています。美容を良くすることで、ルックスを向上させることに繋がります。ルックスと言うと、服装や顔だけかと思ってしまうことも多いのですが、現在ではネイルも重要な美容の要素となっています。ネイルをきれいなものにすることで、とてもルックスが良くなります。そのネイルのスペシャリストがネイリストです。ネイリストになるためには、出来れば資格を取得するようにしましょう。ネイルの資格は国家資格ではなくて、民間資格になっています。民間資格だからと言ってすぐに合格することが出来る訳ではなくて、しっかりと試験勉強と技術を身に付ける必要があります。ネイル検定には種類がありまして、最も有名なものが一般社団法人ネイリスト検定試験センターが行なっているものです。この試験では、1級から3級に分けられています。技術に合わせて試験を受けることが出来ます。その他には、インターナショナルネイルアソシエーションが主催しているネイル検定もあります。ネイル資格を取得するときには、どこで取得するかを事前に決めておくことも重要です。ネイルの勉強をするためには、独学でももちろん可能なのですが、試験の合格率を高めたい方は学校に行くようにしましょう。ネイル検定に合格するための学校も数多くありますので、そこに入ることで合格する確率を高めることが出来ます。また、通信講座で勉強することも出来るようになっています。